トラート空港

トラート空港

バンコク・エアウェイズの3つ目の空港であるトラート空港は、空港地図上でタイ東端の海岸の州に位置しています。2002年に建設され、2003331日に操業を開始しました。当初トラート空港のサービスは主に中継地点としてのサービスで、45時間かかる陸路での移動時間を45分に短縮するためのバンコクとの往復便がほとんどでした。空港は1200ライ(エーカー)のプロット上に位置し、滑走路の長さは1800mです。

他空港と同様にオープンエアの乗客ターミナルは、地元の人々、文化、周辺環境を尊重する本物思考で建てられました。空港では国際基準に従って、最も厳格な安全基準を維持しており、また、最新の排水設備を備えています。

本空港のねらいは、タイ東部の県とチャンタブリー県近隣のビジネスリンクを改善することです。また、主要なリゾート島であるチャン島や、その周辺の島への中継地点としても機能しています。トラート空港は、自然のままのビーチと、溢れるほどのタイの優美さで、県の素晴らしい観光産業の滞在能力を引き出すことに成功しました。

空港の将来的には、タイ南部および東北地方の、その他の主要な商業中心地や旅行先へのサービスを導入することを計画しています。サムイ島の人気リゾート地やプーケットがほんの1時間程度のところにあることも考えると、複数の中心的な旅行先のあるトラートの滞在能力は素晴らしいものです。

受賞経歴

2009

環境影響評価賞(EIA アワード)

2010

環境影響評価賞(EIA アワード)

 

Message
クローズ