スコータイ空港

スコータイ空港

バンコク・エアウェイズの2つ目の空港であるスコータイ空港は、サワンカローク地区にあり、1992年に建設され、1996年4月12日に正式に操業を開始しました。敷地面積は2,000ライ(エーカー)で、施設には長さ2,000mの長い滑走路があり、タイ安全基準の民間航空会社部門の基準に準拠し運用しています。

スコータイ空港のオープンエアの乗客ターミナルは、タイの古都としてのスコータイの豊かな歴史にみられる古典的なシャムの塔を模して設計されています。またバンコク・エアウェイズは、空港内でオーガニック米を栽培しており、機内食の一部として自然に育ったオーガニック米を提供しています。

バンコク・エアウェイズはスコータイ空港を、他のインドシナ諸国とタイを繋ぐ航空交通の国内中継基地として利用しています。その目的は、タイ北部と、メコン川に沿った文化的に豊かな地域の両地域の観光産業を促進することです。

受賞経歴

1998

アジア建築デザイン賞、(タイ王国建築家協会)

1999-2002

環境影響評価賞(EIA アワード)

2003

健康および環境賞、ベストワークプレイス労働福祉賞(労働省)

2004

健康および環境賞(労働省)、グリーンファクトリープロジェクトにおける優秀ビジネスオペレーション賞

2005

環境への配慮および管理賞(科学技術環境省)

2006

環境影響評価賞(EIA アワード)

2006

スマートトラベルアジア、世界のベストエアポート2006

2007

環境影響評価賞(EIA アワード)

2007

スマートトラベルアジア、世界のベストエアポート2007

2008

観光事業開発および促進機構(ザ・ノース)賞、スコータイ空港優秀功績賞:スコータイ空港の知識源

2008

環境影響評価賞(EIA アワード)

2009

環境影響評価賞(EIA アワード)

 

Message
クローズ