サムイ国際空港

サムイ国際空港

バンコク・エアウェイズはサムイ島に初めての空港を設立しました。サムイ島はタイ湾の主要なリゾート島です。サムイ空港は、島北部のボプットビーチ近くに位置しています。1982年に建設が始まり、1989年4月25日に正式に操業を開始しました。空港は全長2.1000mで、主な施設には、高い安全基準の機器や最新の通信機器が備えられており、島周辺の動植物や自然に溶け込むように設計されたオープンエアの乗客ターミナルがあります。

1997年9月25日、サムイ空港は税関空港としてアップグレードしました。このグレードアップには、入国審査設備、税関サービス、新しい乗客ターミナル、サムイへの直行路線の追加が含まれます。

バンコク・エアウェイズの南方の「自然の中継地点」は、多くの自然溢れる目的地への単なる出入口ではなく、数々の設備により、お客さまがリラックスしてくつろげる場所でもあります。空港内では、オープンエアのタイレストランで、伝統的なタイ料理をお楽しみいただけます。また、空港内の郵便局からお友達やご家族に手紙を送ることもでき、ギフトショップでは思い出のお土産をお買い求めいただけます。サムイ空港には最近スパ「ソールトゥソール」ができました。ここで、お客さまにはフライト前に伝統的なタイマッサージでおくつろぎいただけます。

受賞経歴

1989

環境影響評価賞(EIA アワード)

1996

環境影響評価賞(EIA アワード)

1998

アジア建築デザイン賞

2006

スマートトラベルアジア「ベストエアポート世界投票」にてサムイ空港がベストエアポート部門トップ10中第4位

2007

スマートトラベルアジア「ベストエアポート世界投票」にてサムイ空港がベストエアポート部門トップ10中第8位

2008

スマートトラベルアジア「ベストエアポート世界投票」にてサムイ空港がベストエアポート部門トップ10中第10位

2009

アジア建築デザイン賞

2009

スマートトラベルアジア「ベストエアポート世界投票」にてサムイ空港がベストエアポート部門トップ10中第10位

2010

タイのトロピカルビルディング、エネルギー賞2010(エネルギー省、代替エネルギー開発および効率化部門)

2010

スマートトラベルアジア「ベストエアポート世界投票」にてサムイ空港がベストエアポート部門トップ10中第10位

 

サムイパークアベニュー:サムイの最新目的地

サムイパークアベニューは爽やかな屋外の遊歩道で、広さは2,285㎡あります。2008年7月にオープンし、島のダイニング、ショッピング、エンターテイメントを呼び物にしています。空の旅には待ち時間がつきもので、バンコク・エアウェイズではお客さまにいくつかの革新的なオプションを提案しています。ただの典型的な空港の低クラス免税店アウトレットではありません。サムイパークアベニューは乗客のお客さまだけでなく、だれでもご利用いただけます。また、ここはコンサートやアート展示会など毎月の活動の場としてもご利用いただけます。

施設にはダイニング2件、カフェ3件、ショップ12件(ウィッタード、スゥエセン、ジムトンプソン、ブッカジーン、ハーン、フレンズアンドリラックスマッサージ)などがあります。

 

Lounge

Blue Ribbon Club

Koh Samui (Domestic)

- Services Hour: 04.30 – 22.30

- Location: Departure Terminal, between Gate 2 – 3

Koh Samui (International)

- Services Hour: 04.30 – 22.30

- Location: Departure Terminal, Gate 7

Boutique Lounge

Koh Samui (Courtesy Corner)

- Services Hour: 04.30 – 22.30

- Location: Departure Terminal, between Gate 1 - 2

Koh Samui (Courtesy Corner)

- Services Hour: 04.30 – 22.30

- Location: Departure Terminal, Gate 7

Message
クローズ