バンコク・エアウェイズプロフィール

バンコク・エアウェイズは、1968年にサハコン・エアとして設立され、タイで初めての民間航空会社として、航空輸送サービスを開始しました。当初は、最初の運用航空機である2エンジン、9席の「トレード・ウィンド(Trade Wind)」によるチャーターサービスを行っていました。定期的なチャーターの割り当ては、OICC(米国の建設会社)やUSOM、および当時タイ湾において石油や天然ガスの調査に従事していた多くの団体からのものでした。

タイでは、観光や企業への投資が急速に増加し、航空輸送は、国が年間数百万の外国からの訪問者を受け入れできる主要な目的地となるための、経済成長とインフラ開発の両方に貢献する重要な側面となりました。

増加する航空輸送需要を満たすため、バンコク・エアウェイズは1986年に正式に、同国初の民間国内航空として操業を開始し、当初はバンコクからクラビ、コラート、スリンの定期便を運航していました。現在バンコク・エアウェイズは、20以上の主要路線で定期便を運航するための許可を保持しており、タイ国内の主要なリゾート地のほぼ全てをカバーしています。さらに、当航空会社はミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム、マレーシア、シンガポール、中国、日本への国際路線の運航許可も保持しています。

またバンコク・エアウェイズは、サムイ、スコータイ、トラートで独自の私設空港を設立し運用するための投資を行ってきました。このことは、タイに、増加する航空交通需要の供給を助長するための航空輸送ハブを提供しています。

 

親会社

Bangkok Airways Public Company Limited

設立

1968年サハコン・エアとして
1986年バンコク・エアウェイズとして

本拠地

タイランド バンコク

最高経営責任者

Dr. プラサート・プラサトーン‐オーソット

社長

Capt. プティポン・プラサトーン‐オーソット

事業本拠地

スワンナプーム国際空港

私設空港

サムイ空港 (1989)
スコータイ空港 (1996)
トラート空港 (2002)

IATAコード / ICAOコード

PG / BKP

機体数

33

マイレージプログラム

フライヤーボーナス、バンコク・エアウェイズ

就航路線

国内線:12
国際線:14

Webサイト

http://www.bangkokair.com

 

Message
クローズ