予約

5.1予約の条件

5.11 会社またはその代理店は旅客の予約を記録します。要望に応じて、会社は、書面による予約確認を旅客に提供します。

5.1.2 特定の運賃には、旅客が予約の変更、または取り消しをする権利を制限または除外する条件があります。

5.2発券期限

発券期限までに航空券の支払いが行われなかった場合、会社またはその代理店により通知したとおり、会社は旅客の予約を取り消しできます。

5.3個人情報

旅客は、予約、航空券の購入、付随するサービスの享受、サービスの開発促進、出入国手続きの円滑化、政府機関へのデータ提出の目的で、旅行に関する旅客の個人情報が会社に提供されることを承諾するものとします。このような目的のために旅客は、会社に対し、これらのデータを保有および使用し、会社のオフィス、指定代理店、政府機関、他の運送人、上述のサービスの提供者に転送することを許可します。

5.4座席

会社はできる限り座席の事前指定を受け入れますが、特定の座席を保証することはできません。会社は搭乗後であっても、随時、座席の割り当て、または再割り当てを行う権利を有しています。これは運航、安全、保安上の理由から必要となる場合があります。

5.5予約の再確認

5.5.1 乗り継ぎ便または復路便では、特定期限内に予約の再確認を行う必要がある場合があります。再確認が必要な場合、その旨およびその方法と再確認を行う場所を連絡します。再確認が必要とされているにもかかわらず旅客が再確認を行わなかった場合、会社は旅客の乗り継ぎ便または復路便を取り消すことができます。しかし、旅客から旅程続行を希望する申し入れがあり、該当する便に空席がある場合、旅客の予約を回復し運送します。該当する便に空席がない場合、会社は旅客を次の目的地または最終目的地へ運送するための相応の努力を払います。

5.5.2 旅客は旅程に含まれる他の運送人の再確認要件を確認するものとします。必要とされる場合は、問題の便の航空券に記載されている運送人に再確認しなければなりません。

5.6乗り継ぎ便の取り消し

旅客が、会社へ事前に申し入れをせずに搭乗予定便に搭乗しなかった場合、会社は旅客の復路便または乗継便を取り消しできます。しかし、旅客が会社に事前に申し入れをしている場合、旅客のその後の渡航を取り消すことはありません。

Message
クローズ