運送の拒否および制限

7.1運送の拒否権

会社が旅客に、その通知日以降いつでも旅客またはその手荷物を運送しない旨を書面にて通知している場合、会社の相応な裁量を施行し、旅客またはその手荷物の運送を拒否できます。この場合、旅客は払い戻しを受ける権利を有します。次の1つ以上の事態が発生した場合、または発生すると会社が判断した場合、旅客およびその手荷物の運送を拒否できます。

7.7.1 このような措置が、該当する政府の法令、規制、規律を遵守するために必要な場合。

7.1.2 旅客またはその手荷物の運送が、他の乗客または乗務員の健康または安全を脅かすまたは影響を与える場合、または臭いのする果物、臭いの強いものなど、快適さに物質的な影響を与える場合。バンコク・エアウェイズ便は禁煙です。さらに、電子機器の起動「電子タバコ」は許可されていません。また、バンコク・エアウェイズが運航するいかなるコードシェア便も禁煙です。

7.1.3 アルコールまたは薬物による障害を含む旅客の精神的または肉体的な状態が、旅客、他の旅客、乗務員、資産に危険またはリスクを及ぼす場合。

7.1.4 前回の搭乗で不法行為を犯したことがあり、そのようなことを繰り返す可能性があると会社が判断するに足る理由がある場合。

7.1.5 旅客がセキュリティ検査を拒否した場合。

7.1.6 旅客が適用される運賃、税金、手数料、費用を支払っていない場合。

7.1.7 旅客が有効な渡航書類を所持していないと思われる場合、乗り継ぎまたは入国のための有効な渡航書類を所持していない国に入国しようとしている場合、搭乗中に渡航書類を破棄した場合、乗務員の求めに応じて控えと引き換えに渡航書類を提出することを拒否した場合。

7.1.8 旅客が提示した航空券が不法に入手した航空券、会社またはその指定代理店以外から購入された航空券、紛失または盗難の届が出されている航空券である場合、または偽造航空券である場合、または旅客が航空券に氏名を記載された人物であると証明できない場合。

7.1.9 旅客が上述の第3.3条で定義されているクーポンの順序および使用に関する要件を遵守しなかった場合、または旅客が提示する航空券が会社またはその代理店以外で発券された、または変更されている場合、または航空券が破損している場合。

7.1.10 旅客が安全または保安に関する会社の指示に従わなかった場合。

7.2特別なサポート

同行者のいない小児、体の不自由な人物、妊婦、病人、その他特別なサポートを必要とする人物の受け入れは、会社の判断と事前取り決めに従うものとします。身体に障害のある旅客で、航空券発券時に特別な要望がある旨を申し出ており、会社がそれを受け入れた場合、その後、障害または特別な要望を理由として搭乗を拒否されることはないものとします。

Message
クローズ